忍者ブログ
  • 2017.04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.06
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/05/01 07:42 】 |
ホームページ作成格安 Salyu×小林武史、11月30日にライブ生中継&対談インタビュー映像公開
Salyuが、11月30日(水)東京国際フォーラムにて小林武史と共に開催するライブ『a brand new concert issue “m i n i m a”-ミニマ- Salyu×小林武史』をYouTubeで生中継することを発表した Salyuとプロデューサー・小林武史の2人だけで行われるこのプレミアムライブは、11月30日(水)に東京国際フォーラム ホールC、12月12日(月)に大阪市中央公会堂 大ホールの2公演を開催。既に両会場ともチケット完売という盛況ぶりで、今回の東京公演生中継はステージを体感できる貴重な機会となる。 また中継前には『Talk about “minima”』と題し、2人の対談インタビューを放送することも決定。今回のライブや現在進めている制作についての話題をはじめ、Lily Chou-ChouからSalyuへ、さらにセルフプロデュースを通じ現在へと進む中で彼女が描いてきたこと、小林が込めてきた思いなどが赤裸々に語られる。ほかにも互いのターニングポイントとなったという、2009年の日本武道館公演を経て2人の中に芽生えた想いなど、“Salyu”についてどこまでも深く向き合った対談となっている。 現在オフィシャルホームページで展開しているスペシャルサイト(www.salyu.jp/special/tour2011/trailer/)では、『Talk abut “minima”』のトレーラー映像を公開中。同サイトでは30日の中継当日もスペシャルコンテンツが展開される模様だ ホームページ作成株式会社杉山システム
PR
【2011/11/30 12:39 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
ホームページ作成格安 東日本大震災:栗原市、小中学校幼保育園給食を自主測定 放射性物質検出せず /宮城
汚染不安沈静化へ
 栗原市は16日、市内の小中学校と幼保育園の給食について今月1日から始めた放射性物質濃度の自主測定で、「当初の2週間分は放射性セシウム、ヨウ素とも不検出だった」と発表した。同市は近くホームページなどで報告する予定。東京電力福島第1原発事故に伴う給食汚染不安をひとまず沈静化させると受け止めている。
 検査したのは市内に24ある給食調理・提供施設のうち学校給食センター2▽小学校3▽保育所11の16施設。今月1~11日の給食提供日(7回)に2~3施設分ずつ、調理済み料理や翌日用の野菜を測定。46検体全てで「不検出」だった。検出限界値は1キロ当たり10ベクレルに設定した。牛乳やご飯も主、副菜と混ぜて測定対象にした。
 測定場所は市南部学校給食センター。24給食施設(約8000食供給)のうち残り8カ所分は、今週から実施している。
 調理済み料理の測定は食べた後に結果が分かるため「意味がない」との指摘があるが、食物摂取による子供の内部被ばく量が分かり対策につながるとの見方がある。同市は長期にわたって給食の測定を続ける方針。【小原博人】

ホームページ作成株式会社杉山システム
【2011/11/26 21:29 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
ホームページ作成格安 ソーシャル広告が裏目に出る時
ソーシャル広告の目的は、ポジティブな口コミを増幅することだ。友達がある会社を話題にしたり、どこかの店にチェックインしたこと、あるいはある広告に何千人もが「+1」を付けたことを広告が伝えると、あなたがそのブランドのメッセージを信じて顧客になる可能性は高い。しかし、ブランドが代金を払ってユーザー生成コンテンツを配信しようとする時、そこにはネガティブな口コミの促進という、壮大な失敗の危険が待っている。打ちっ放しの従来型広告と異なり、ソーシャル広告には監視が必要だ。[アップデート:このアンケートは、FacebookがNielsenと共同で対象を限定して実施した調査であり、ワーナーブラザーズの広告活動ではない。このことを反映させるため、記事に相当量の修正を施したが、ソーシャル広告がブランドにとって強力なツールであると同時に、ポジティブな言及を促すための監視あるいは、感情分析エンジンによるフィルターが必要である、という原則に変わりはない]Facebookはこのホームページ調査アンケートを利用して、ユーザーに「Happy Feet 2」を見に行く予定があるかを尋ねた。しかし、回答者の41%が「絶対行かない」と答えたため、集計結果は限られたユーザーにしか届いていなかったものの、映画に悪印象を与える結果となった。結果がここまでネガティブに偏ったなら、Facebookは調査を中止すべきだったかもしれない。Facebookは、ブランドがユーザーに質問をしたり、ユーザーの書いたニュースフィード記事をサイドバー広告に転用するための、特別なソーシャルアンケートやスポンサー付記事を提供している。こうした広告ユニットでも、調査結果がネガティブたったり、ブランドに対する侮辱が増幅されるなど、同様のことが起こり得る。Facebookのような広告チャンネルが、これらの広告ユニットを広告主たちにアピールしたいなら、自動システムによって広告の失敗を検知し、キャンペーンを見直すために掲載を一旦中止できることを、広告主に徹底する必要がある。広告主は、自社のソーシャル広告キャンペーンを常に注視し、必要なら介入するべきだ。サードパーティーの広告技術会社は、失態の予防に力を入れている。Wildfire IntereactiveのStorytellerというFacebookページ用アプリは、ユーザーに質問してその結果をスポンサー付記事広告に使用するものだが、回答は感情分析フィルターを通され、ネガティブな反応はフィルターではじかれる。ソーシャルな前後関係によって、ユーザーと広告との関連性が大きく高まり、質の高いクリックを低価格で生み出すことができる。しかし、感情分析や人間による監視を怠れば、ブランドはこの両刃の剣の上に身を投げ出すことになる。(翻訳:Nob Takahashi) ホームページ作成株式会社杉山システム
【2011/11/22 01:01 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(1) | トラックバック(0)
ホームページ作成格安 「京の公共人材」大賞、応募を募集 京都府やNPO
府内のNPO法人5団体と京都府などでつくる「地域力再生活動を応援する公共人材づくり研究会」(高嶋加代子代表)は、新設した「京の公共人材(みやこびと)大賞」の応募を受け付けている。
 公共人材は、企業やNPO、大学などの組織・所属を超えて、地域の公共的な課題解決に取り組む人たちを指す。府内には町づくりや子育て、環境保全などの分野で成果を上げている地域リーダーは数多いが、顕彰される機会は少なかった。
 研究会では、リーダーたちの蓄積したノウハウを広く生かすとともに、市民に地域再生への関心を高めてもらおうと今夏、大賞を設けた。
 対象は団体や組織に所属するか、単独で活動している個人。年齢や国籍、自薦他薦は問わない。書類選考と応募者によるプレゼンテーションを行い、佐藤友美子・サントリー文化財団上席フェローや富野暉一郎龍谷大教授ら6人が審査する。
 結果発表は来年1月。大賞に10万円、3席(京都信用金庫賞)には5万円が贈られる。2席の京都府知事賞は地域公共人材フォーラムなどで発表する機会が与えられる。
 応募期間は12月1日まで。府ホームページなどにある用紙で〒602-8570、京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町、京都府NPOパートナーシップセンター「京の公共人材大賞」係へ。問い合わせは高嶋代表の携帯電話090(7876)4268。
ホームページ作成株式会社杉山システム
【2011/11/20 13:42 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
ホームページ作成格安 英キャメロン首相がマクラーレンの新「MPC」を訪問
マクラーレンはイギリスのウォーキングに新しい生産センターをオープンさせ、その記念式典にイギリスのデービッド・キャメロン首相が出席した。  この生産センターは、「MPC(マクラーレン・プロダクション・センター)」と呼ばれるファクトリーで、F1チームのマクラーレン・レーシングも入るMTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)の側に建設された。オープン後、MPCでは、マクラーレン・オートモティブ社が手掛ける高性能スポーツカー「MP4-12C」の生産が行なわれる。  この日開かれた式典には、イギリスのキャメロン首相が招かれ、マクラーレン・グループ会長のロン・デニスがファクトリーを案内。ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのチーム代表マーティン・ウィットマーシュのほか、F1ドライバーのルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンのふたりもキャメロン首相を出迎えた。  デニスはこの席で、MP4-12Cの予約が2000台を超えたことを明らかにしており、今後は年間の生産台数を今の1000台から4000台へと高めることを目標にしている。  このMP4-12Cは、“モノセル”と呼ばれるワンピースカーボンモノコックにマクラーレンが開発した3.8リッターV8ツインターボエンジンを搭載。マクラーレンF1、メルセデスベンツSLRマクラーレンに次ぐ同社の高性能スポーツカーとなる。  また、MP4-12CにGT3規定を採用した「マクラーレンMP4-12C GT3」もヨーロッパのプライベーター向けに販売されており、今年すでにいくつかのスポーツカーレースに出場済み。2012年からは本格的なデリバリーが開始されることになっている。 ホームページ作成株式会社杉山システム
【2011/11/19 00:49 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>