忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/24 15:47 】 |
ホームページ作成格安 脳卒中医療の体制整備へ 滋賀医科大、患者データ収集
脳卒中の医療環境を向上させようと、滋賀医科大(大津市瀬田月輪町)はこのほど、滋賀県内の脳卒中患者の治療方法などをまとめたデータベース作りをスタートさせた。データを分析して追跡調査を行い、県内の医療体制の見直しや救急搬送の整備を目指す。
 同大学によると、全国的に脳卒中の患者数は増え続けているが、搬送時やリハビリ時の医療体制にばらつきがあるなど、救急と病院の連携不足が課題になっているケースもあるという。県内で把握できているデータは死亡者数だけで、詳しい分析はできていなかった。同大学は県の補助金を受け、脳卒中の救急医療を行っている県内13の基幹病院と連携。来年度まで大学から看護師らを派遣し、患者の発症形式や危険因子、入院時の治療方法などのデータを集める。データは1年ごとに評価し、5年をめどに追跡調査する。滋賀医科大病院では昨年から新たに発症した患者データの収集を始め、9月からは各病院に拡大していくという。
 また、市民に脳卒中への理解を深めてもらい、予防に役立ててもらうホームページ「滋賀脳卒中ネット」も立ちあげた。現在は医療関係者向けの内容が中心だが、来年4月からは市民向けの情報を多く掲載するという。
 同大学脳神経外科学講座の野崎和彦教授は「県内のどこで発症してもスムーズに治療が受けられる体制を整えたい」と話している。
ホームページ制作
PR
【2012/08/12 15:21 】 | ホームページ作成格安 | 有り難いご意見(0)
| ホーム | ホームページ作成格安 人気が高まる「女子旅」や「女子ひとり旅」  旅行業界も「女子力」に注目>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














| ホーム | 次ページ>>